銀行のカードローン、使いすぎにご注意

2017/02/23
Pocket

2016.2.22の日経新聞に、全国銀行協会(全銀協)が多重債務防止のために銀行カードローンの審査を厳格化するように自主規制を促す方針であることが掲載されていました。

2010年に改正貸金業法が施行されて、貸金業者は、利用者の負債額の総額が一定額を超えると貸出しできないようになりました。

一方、銀行は、貸金業法の規制を受けません(銀行法による規制を受けています)。そのため、総量規制の影響で貸金業者から借りられなくなった利用者が銀行カードローンに流れて、結果として、銀行カードローンの貸出しが、2010年以降、急増してきたようです。

確かに、最近の借金整理のご相談では、以前に比べると銀行カードローンの利用割合が増えているように感じます。

カードローンの金利は、数パーセントから十数パーセントで設定されていますので、決して安い金利ではありません。「銀行だから金利が安そう」「貸金業者よりも優しそう」などのイメージで気軽に利用していると破綻してしまうおそれがありますので、利用するかたは気を付けましょう。

司法書士・行政書士 木崎正亮

~相続と中小企業の法務ドクター~

博多駅の司法書士・行政書士 だいふく法務事務所

 

注:一般のかたにとって解りやすい説明を心がけています。専門用語や細かい言い回しを極力避けているため、必ずしも正確とはいえない表現が含まれていることがあります。本サイトに掲載している情報のご利用は、自己責任でお願いいたします。

 

(I write English translation experimentally. I do not guarantee accuracy of translation.)

 

Shiho-shoshi and Gyosei-shoshi MASAAKI KIZAKI

Daifuku Lawyer Office (Shiho-shoshi and Gyosei-shoshi) at Hakata Station

Address:2-24, Hiemachi, Hakata-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka-ken Japan.

Phone:092-432-3567

 

Pocket

コメントは受け付けていません。