建設業許可に必要な証明書とは…

2020/03/18
Pocket

こんにちは、宅嶋です。

 

建設業許可の申請の際に用意していただく書類は

様々ありますが、今回は二つの証明書について

ブログを書きたいと思います。

 

用意していただく書類に

登記されていないことの証明書

身分証明書

があります。

 

まず、この二つはそれぞれ何を証明しているのか…?

 

〇登記されていないことの証明書〇

 

『「登記されていないことの証明書」とは,

成年後見制度の利用者を登記(登録)している

後見登記等ファイルに登記(登録)されていないことを証明するもの』

(東京法務局HPよりhttp://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/static/i_no_02.html)

 

〇身分証明書〇

 

・禁治産または準禁治産の宣告の通知を受けていないこと

・後見の登記の通知を受けていないこと

・破産宣告または破産手続開始決定の通知を受けていないこと

 

を証明するもの。

 

では、なぜ必要なのか?

建設業許可の欠格事由に

 

・破産者で復権を得ないもの

・精神の機能の障害により建設業を適正に営むに当たって

 必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者

 

という項目があるので、

「この欠格事由にあてはまりません」ということを証明する

ために提出が求められています。

 

建設業許可などの手続きには

様々な書類が必要になりますが、

必要書類として記載があるからという理由

だけでなく、なぜその書類、証明書が必要なのかを

考えながら準備をしていきたいと思います。

 

次のブログでは、登記されていないことの証明書と

身分証明書の違いについてもう少し調べてみようと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

過去の記事は、サイトマップで検索することができます。

サイトマップのページを開いてから、

Ctrl + F キーを押すと

ページ内のテキスト検索(キーワード検索)ができると思います。

http://daifuku-law.com/sitemap

 

 

司法書士・行政書士 木崎正亮 (法務大臣認定司法書士)

 

~相続と中小企業の法律・行政手続の専門職人~

 博多駅から徒歩5分

司法書士・行政書士 だいふく法務事務所

 

 福岡市博多区博多駅前3丁目7番1号 葵ビル603号

 

注:一般のかたにとって解りやすい説明を心がけています。

専門用語や細かい言い回しを極力避けているため、

必ずしも正確とはいえない表現が含まれていることがあります。

本サイトに掲載している情報のご利用は、

自己責任でお願いいたします。

 

(I write English translation experimentally.

I do not guarantee accuracy of translation.)

 

Shiho-shoshi and Gyosei-shoshi MASAAKI KIZAKI

Daifuku Lawyer Office (Shiho-shoshi and Gyosei-shoshi) at Hakata Station

Address:7-1,Hakataekimae3,Hakata-ku,Fukuoka-shi,Fukuoka-ken Japan.

Phone:092-432-3567

Pocket

コメントは受け付けていません。