成年後見人の預金通帳の口座の設定

2017/10/11
Pocket

こんにちは。金田です。私は、成年後見人の事務処理のお手伝いをしたりしています。

被後見人が口座を持っている場合には、後見人が口座を管理するために、金融機関で「後見の設定」の手続きが必要になります。

今回は、福岡銀行で後見の設定に必要となった書類等を記載したいと思います。

①通帳

②登記事項証明書(原本)

③成年後見人の実印

④成年後見人の印鑑証明書(発行日より3ヶ月以内のもの)

⑤届出書(銀行が発行した書類←ここに実印が必要となりました)

⑥届出印(実印ではなく、認印で大丈夫でした!)

⑦身分証明書(免許書等)

手続きは、口座を開設した金融機関のみで出来ます。

今回の手続きの前日に書類等の確認で、銀行に行った時、登記事項証明書に別紙目録が付いていたので、銀行が登記事項証明書を受け付けてくれず、裁判所の方から銀行に対して、この登記事項証明書で、大丈夫だと言うことの証明していただきました。一つの手続きなのに、時間もかかるし、すんなりと進まないものなんですね…(泣)

金融機関によって、必要な書類も違いますので、事前に金融機関に確認して行かれる事をお勧めします!

 

金田 晴美

 

 

~相続と中小企業の法務ドクター~

博多駅の司法書士・行政書士 だいふく法務事務所

 

注:一般のかたにとって解りやすい説明を心がけています。専門用語や細かい言い回しを極力避けているため、必ずしも正確とはいえない表現が含まれていることがあります。本サイトに掲載している情報のご利用は、自己責任でお願いいたします。

 

(I write English translation experimentally. I do not guarantee accuracy of translation.)

 

Shiho-shoshi and Gyosei-shoshi MASAAKI KIZAKI

Daifuku Lawyer Office (Shiho-shoshi and Gyosei-shoshi) at Hakata Station

Address:2-24, Hiemachi, Hakata-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka-ken Japan.

Phone:092-432-3567

 

 

Pocket

コメントは受け付けていません。