遺言は公正証書がおすすめです。

2015/06/26
Pocket

遺言書は、自分で書くことができます。自分で書く遺言のことを「自筆証書遺言」といいます。法律上のルールをきちんと守る必要があります。ルールが守られていないと、遺言として意味をなさなくなります。(事案によっては、遺言としては役に立たなくても、法的に意味を持つこともあります。)また、形式的に遺言が有効であったとしても、その内容が不明確だったり、矛盾しているような場合、また相続人などの間でトラブルになります。

 

このように、自分で書く遺言は一見簡単ですが、慎重に書かなければ、トラブルの原因になることが珍しくありません。

 

そのようなトラブルを回避するために、もっとも有効な方法は、公正証書で遺言を遺すことでしょう。

近年、遺言を公正証書によって作成されるかたが増えています。公証人連合会が公開している情報では、平成26年は10万円を超えました。右肩上がりで増加しており、ここ10年で1.5倍になっています。相続問題への関心の高さが伺えますね。

公証役場へ出向くことができないかたの場合は、出張してもらうこともできます。また、字が書けない場合や神経性の疾患などで上手く話すことができない場合でも公正証書であれば遺言をのこすことができます。

 

(公証人連合会)

http://www.koshonin.gr.jp/osi.html#20

 

少々費用がかかります(資産や遺言の内容によって変動します。)が、発生したトラブルを解決するための費用や時間に比べると微々たるものだと感じることが多いですね。

 

 

司法書士・行政書士 木崎正亮

~相続と中小企業の法務ドクター~

博多駅の司法書士・行政書士 だいふく法務事務所

 

注:一般のかたにとって解りやすい説明を心がけています。専門用語や細かい言い回しを極力避けているため、「法的に正確といえない」ような表現が含まれていることがありますので、誤解を招かないようにご注意ください。

Pocket

コメントは受け付けていません。